2015年12月21日

吉田喜彦先生のお茶碗

ギャラリー宇髙さんから、なんと吉田喜彦先生のお茶碗を頂いてしまいました。。。
ほんとうにありがとうございます。


y1.jpg

y2.jpg

なんて美しい!!
水墨画の絵を見るようです。
(写真がへたですみません。。。)
お茶碗の向きをかえると、表情がぜんぜん違います。

メトロポリタン美術館の学芸員の方が、これと同じ製法のお茶碗を
買いにこられたそうです。


y3.jpg

全体に控えめに飛鉋(とびかんな)がはいっています。

吉田先生のお茶碗のもう一つの特徴は、軽いところです。
なんというか、持ち上げた時、ふわっとしていて軽くて柔らかいんです。
手の形にしっくりとおさまるのも、うれしい。

これでお正月にお茶をいただくのが楽しみです!
うれしいなあ。


posted by chisa at 13:38| 京都 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする