2012年12月05日

K-PRESS11月号

k-p1.jpg
ちょっと前のことですが、
京阪電車の情報誌、K−PRESS11月号の落語特集で
イラストを描かせていただきました。

kp2.jpg

kp3.jpg

kp4.jpg

kp6.jpg

kp5jpg

京都のお仕事は着物や時代物を描くことが多くて楽しいです。

posted by chisa at 22:39| 京都 ☁| 仕事しました | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

「KYOTO CAFE BOOK 2013」

DSCN2577.JPG

「KYOTO CAFE BOOK 2013」成美堂出版

イラストを描かせていただきました。
街のシンボル的建物や乗り物などを描きました。


c1.jpg

阪急電車


c2.jpg

マルイ


c4.jpg

京都市役所


c3.jpg

COCON烏丸

竹ペンと墨汁で描きました。

おしゃれなカフェやクラシックな喫茶店などいろんなお店が載ってて
見てるだけでも楽しいです。
懐かしの一乗寺(去年まで住んでました)のカフェもいろいろ載ってましたが
今住んでるところは一軒もなかったです。。。うう。

posted by chisa at 16:46| 京都 ☀| 仕事しました | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

「ホルモンハンター アドレナリンの発見」

書籍の装画のお仕事をさせていただきました。
表紙は銅版画に手彩色、中のイラストはペンで描きました。


hp-hyo.jpg

「ホルモンハンター アドレナリンの発見」 
石田三雄 著  装幀/鷺草デザイン  発行/京都大学学術出版会

京大の山中教授のノーベル賞で日本中が喜んでいますが
過去にそれと匹敵するような大発見をした学者がいたそうです。

それがこの本の主人公の高峰譲吉氏と上中啓三氏。
高峰氏の生涯は2本の映画にもなっています。

表紙の上半分はさまざまなチャレンジや努力をかさねたけれど
アドレナリンを発見することができなかったエイベル博士。

下半分の絵はただシャーレにピペットで滴下する作業を淡々と続け
あっさりと結晶化に成功した高峰氏(右)と上中氏(左)

この対照的な2組を描いてほしいとのご依頼でした。
どちらがよいとか悪いとかではなくて、どちらもすばらしいと。


ho1.jpg

ho3.jpg

アドレナリンに関する人物相関図。似顔絵は楽しい!
たくさんの方の研究や努力のつみかさねの先に
発見ってあるんだなあと改めて思いました。

中高時代、理系がものすごーく苦手だった私が、
本や絵を通して、この世界にかかわれたことを
不思議に、そしてありがたく思います。

posted by chisa at 11:57| 京都 ☀| 仕事しました | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

発売中

「ホルモンハンター アドレナリンの発見」
12/21より発売中です!

posted by chisa at 00:24| 京都 ☔| 仕事しました | 更新情報をチェックする