2011年09月05日

二人展はじまりました。

「秋の陶房展 舟木窯(舟木邦治)・村上千彩二人展」
今日からスタートです。

9月24日まで。日曜日はお休みです。
秋のドライブがてら、ぜひお立ち寄りください。

舟木さんの器
テーブルいっぱいに並んでいますよー。

私は9/8(木)の午後からお伺いする予定です。
よろしくお願いします。

posted by chisa at 15:33| 京都 ☀| 展覧会 | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

舟木窯二人展レポート1:建物

今、二人展をやっていただきている舟木窯さんに
9/8にお伺いしてきました。

いろんな刺激をうけたので
少しづつレポートしたいと思います。

funaki.jpg

舟木窯の看板。


funaki2.jpg

別棟のギャラリー。横の水色の柵がかわいい。


dekki1.jpg

新しく増築されたテラス。
これも全部「廃材」で作られたそうなのですよ!
座布団が全部違う柄なのも楽しい。
美味しい紅茶をいただきました。
風が通ってとても気持ちよかったです。


f3.jpg

サイダーまでなんかおしゃれだ!

舟木さんはとても穏やかな方ですが、
やっぱり美意識や制作に対する考え方に
びしっと筋が通っていて
そこがかっこいいなと思います。

posted by chisa at 14:39| 京都 ☁| 展覧会 | 更新情報をチェックする

舟木窯二人展レポート2:お買い物

舟木窯で買った器。

c3.jpg


c2.jpg

急須はプレゼントしていただいたのでした。
ありがとうございます!


n1.jpg


n2.jpg

こちらは母が買った器。

うーん。全部いいなあ!!
静物画のモランディを思い出しました。
静謐で端正であたたかなたたずまい。
舟木さんの器は料理がとても美味しく見えます。

posted by chisa at 14:46| 京都 ☁| 展覧会 | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

舟木窯二人展レポート3:展示風景

g1-3.jpg

ギャラリーです。


g14.jpg

ねこ袋。


g-13.jpg

引き出しの中にもねこ袋。


g1-12.jpg

ミニチュア額。




g2-3.jpg

こちらは別棟のギャラリーです。
真ん中が大きい作品。右はドローイング。


g2-7.jpg

舟木さんの器や建物は形や素材に作為が感じられないというか、
自然に生まれてきた感じがします。
私の絵もこの場所にあってるといいなあ、と思います。

posted by chisa at 12:37| 京都 ☀| 展覧会 | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

舟木窯二人展レポート4:器

g1-8.jpg


g1-16.jpg



g2-15.jpg


g2-6.jpg


g2-12.jpg

白や黒を中心に、水色や芥子色の作品も。


g2-11.jpg

テーブルの上には色とりどりの器。

posted by chisa at 11:54| 京都 ☀| 展覧会 | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

舟木窯二人展レポート:アトリエ探訪

「秋の陶房展 舟木窯(舟木邦治)・村上千彩二人展」
今週の土曜日、24日までとなりました。

最後はアトリエの写真をご紹介します。

a2.jpg

a1.jpg

舟木さんの使われる「色」が好きです。
淡く柔らかな色合わせだけど、
ナチュラルにはまとめず
どこかに引き締めるというか外す色が自然に入っている。

カゴの下に敷いたミントグリーンのタオルとか、
窓辺に置いた赤い殺虫剤とか。窓の外の濃いグリーンもきれい。


f8.jpg

前に私の絵日記でも描いたのですが、
扉とバケツのカラフルな色合わせが好き。


a-3.jpg

おしゃれなテーブルだなーと思ったら
茶箱の上に廃材をのせただけなのだそうです。
これにアクリルとシルバーの椅子を合わせるところが、いいですね。
舟木さんもひとつのテイストでまとめるのは好きじゃないそうで
そのあたりは意識的にされているそうです。


g2-13.jpg

こちらはギャラリーにあった手洗い場。
木、ステンレス、アルミ、陶器のバランス。
ひとつの、アートですね。

舟木窯から帰って、写真を整理していたら
ほとんど舟木さんの器かギャラリーやアトリエの写真で
すっかりただのファン目線になってる私なのでした。

あと4日間、よろしくお願いします!

posted by chisa at 03:43| 京都 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

二人展終了いたしました。

24日で二人展「秋の陶房展」終了いたしました。

舟木さんの作品はもちろん、舟木窯のアトリエやお話からも
たくさんの刺激をうけました。

舟木さん、舟木さんを紹介してくださったギャラリー宇高さん、
それから見に来てくださったお客様、
本当にありがとうございました。
本当にいい経験になりました。楽しかった!

展覧会が終わってももうしばらく展示してくださるそうなので
興味のある方はぜひお出かけください。

g1-9.jpg

左奥は個展のDMに合わせて作られた陶器の額。
陶器の額って珍しいですね。かわいいです。
右の白いカップを買ったのですが、
お茶をいれてみるとすごく感じがよいです。
ふつうの紅茶やお茶やコーヒーも美味しそうに見えるんだなあ。。。

私の作品の展示風景はコチラから。

posted by chisa at 15:40| 京都 ☁| 展覧会 | 更新情報をチェックする